賃貸を探す為のコツとは?

賃貸物件選びで大切な周辺環境の確認

賃貸物件選びで大切な周辺環境の確認

賃貸物件を選ぶ時には、物件の築年数やデザイン、室内の設備などに着目をして選ぶのは基本中の基本ですが、少し視野を広げて周辺環境をチェックしておくことも大切なポイントだと言えます。
例えば、その賃貸物件の部屋の窓を開けたら、目の前がお墓だった場合には、暗い気持ちになってしまう人もいるでしょう。
もしそれが理由で家賃が安く、お墓などまったく気にならない、と言う人であれば問題ないでしょうが、気になる人は必ずチェックしておいた方が良いでしょう。
ちなみに、見えたら嫌なのはお墓だけではありません。
斎場やラブホテルなど、気になる施設は色々とあるものです。
ですから、窓を開けたら何が見えるかは、必ずチェックしておいた方が良いものです。
なお、すぐそばに老朽化した建物がある場合には、自分が入居をしてから、取り壊しが始まるかもしれず、そうすると当然騒音に悩まされることになります。
工事の時間に仕事で家にいないのであれば大して問題にはならないでしょうが、家にいる場合は問題です。
また、解体されたと思ったらすぐに新しい建物を建てる工事が始まったら、また音が気になる生活を送ることになりますし、その建物が喜ばしくない建物だったら踏んだり蹴ったりですから、周辺チェックはきちんとしておきたいところです。

賃貸で一人暮らしの部屋を見つける時のポイント

賃貸で一人暮らしの部屋を見つけるときは、まず最初に予算を決めましょう。
いくら良い部屋を見つけても、予算オーバーしていたら借りることはできませんし、無理して高い部屋を借りてしまうと、後の生活が大変になります。
逆に、予算を余裕で下回る物件にすれば、後の生活は楽になりますが、生活に余裕が出てくると、「もっといい部屋に住みたい」と思うようになるので、あまり安すぎる部屋も長続きしません。
一人暮らしの賃貸を探す場合、まずはインターネットの写真などを見て、いくつか候補を絞ることになります。
しかし、候補を絞っても、実際に不動産会社を訪れた時には「この部屋はすでに契約済みです」などと言われたり、「できれば女性の方に住んでもらいたい」などと言われて断られることもあるので、なるべく多めに候補を選んでおいたほうがいいです。
最悪、ネットで探した物件は全滅していた場合不動産会社の営業マンのお勧めの中から選ぶことになります。
同じマンションなら、断然上の階を契約したほうが後になって正解だったと思う場合が多いです。
防犯・騒音対策はもちろん、日当たり、害虫など、様々な面で有利です。
また、できるなら角部屋にしたほうが隣の部屋の騒音に悩まされる確率も減ります。
1階がコンビニなどになっている場合、便利であるかのように見えますが、ゴキブリ、騒音などに悩まされる可能性があるので避けたほうが無難です。
こういったことは意外と大家さんもわかっていなかったりするので、賃料に反映されていなかったりします。
上の階の角部屋が他の部屋と同じ料金で空いていたなら、チャンスです。

物件情報おすすめサイト

垂水で大きいマンションに住みたいと考えてる方へ

垂水 賃貸